AX 溢れる駄肉!ゆれるおっぱい! 魔王と勇者が手を取る『まおゆう魔王勇者 1巻』発売 - Kuri Anime Hotline!

Kuri Anime Hotline!

アニメ・コミック・動画の紹介や自分の行ったイベントの紹介を中心にしてます。  ※一部エロ関係もあるので18歳未満の方の閲覧はご注意ください※

溢れる駄肉!ゆれるおっぱい! 魔王と勇者が手を取る『まおゆう魔王勇者 1巻』発売

3月19日 溢れる駄肉!ゆれるおっぱい!満載な魔王と勇者が手を取る
まおゆう魔王勇者 1巻』(AA)が発売されました。

P1150699.jpg

1巻は、「この我のもとのなれ、勇者よ 断る!」「わたしたちをニンゲンにしてください」の
2話が収録されていて、さらに初回限定版には橙乃ままれ氏書き下ろし短編小説の
「氷の国の初デート」がついてきます。

P1150701.jpg

P1150702.jpg
お姫様抱っこに照れる魔王
尚、特典の短編小説は公式HPで試し読みすることができます。

P1150703.jpg
1巻の封入特典は以下の通り。
----------------------------------------------------------------------

【封入特典】
・橙乃ままれ先生書き下ろし短編小説「氷の国の初デート」
・愛蔵版ピクチャーコレクション
・8月18日開演!朗読劇チケット優先購入応募券
・カラーリーフレット

【映像・音声特典】
・制作発表記者会見
・特選!まおゆうメイドラジオα(第2回&第4回)
・第1話オーディオコメンタリー

----------------------------------------------------------------------

P1150705.jpg

P1150706.jpg
カラーリーフレットは、1話の魔王と勇者のシーンで
照れたり、勇者抱き枕で萌えている魔王のだらしない顔w

P1150707.jpg

P1150708.jpg

P1150709.jpg

1巻に収録されている「この我のもとのなれ、勇者よ 断る!」「わたしたちをニンゲンにしてください」では
魔王と勇者の出会い、そして冬越し村での生活の始まりを描いていて圧倒的な魔王の駄肉を
これでもかというぐらい鑑賞することができる素晴らしいお話(ぉ

P1150761.jpg
魔王と勇者の出会い(主におっぱい
こんなの目の前でたゆんたゆんたゆんたゆんされたらもう・・・
魔王のものになるに決まってるじゃないですかっ

P1150764.jpgP1150763.jpg
P1150765.jpgP1150767.jpg

こんにちわったらこんにちわ♪
魔王を倒そうと意気込む勇者に挨拶して毒気を抜く魔王
こんな笑顔で言われたら剣なんかむけられなくなっちゃいますよね(*´Д`)

最初1話みたときは、魔王のおっぱいを愛でるアニメだと思っていたのですが
段々とおっぱい以外のお話だとか各キャラクターの魅力とかに惹かれて次の話はやくっと
毎週楽しみに放送を待っているようになっていました。

まだ見ぬ丘の向こうを見てみたい。
戦争を終結させるために、食糧自給率をあげ、教育を行い世界そのものを変えるために
勇者を欲し頑張る魔王にどんどん惹かれていきましたよ。
なにせ巨乳ですし(しつこい

P1150773.jpgP1150774.jpg
P1150775.jpgP1150776.jpg
P1150793.jpg

P1150785.jpg
ぷにぷになのじゃ~;

必死に勇者を勧誘するところとか、勇者との出会いを想像しての妄想姿とか
魔王らしくない姿がなんとも微笑ましくてくすってなってしましますw

P1150810.jpg

P1150811.jpg
冬越し村では、魔王の側近のメイド長の他、逃げてきた農奴の姉妹との出会いが描かれ
冬越し村での大規模な実験生活の第一歩が始まっていきます。

P1150796.jpg

ちなみに、1話を初めて見たときに一番驚いたシーンがこれ。
P1150794.jpg
かぽっ
とれるのかよっ!って勇者と同じつっこみしていましたw

P1150795.jpg
魔王と勇者がどこへ辿り着くのか楽しみであります。




■関連ページ
・公式:まおゆう魔王勇者



まおゆう魔王勇者 (1) (初回生産限定特典:朗読劇「昼の部」優先購入応募券/橙乃ままれ先生書き下ろし短編小説付き) [Blu-ray]



スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kuriblog77.blog72.fc2.com/tb.php/845-97bafdd0
該当の記事は見つかりませんでした。